福岡女子短期大学

福岡女子短期大学

福岡女子短期大学

 ≫ 本学について ≫ 奨学制度
本学について

奨学制度

学生サポートシステム

福岡女子短期大学には、学生を経済面や精神面から全面的に支援するシステムが揃っています。それぞれの希望や悩みに特化したきめ細やかな支援制度を展開し、いつでも気軽に相談できる強固なサポート体制で、一人ひとりの成長を支えています。

学費サポート

学生のがんばりを応援するために、奨学金や学費減免制度を用意しています。福女短独自の制度で、経済的な不安をフォローします。

入学試験「奨学生制度(給付)」

名 称 備 考
特別推薦制度 指定校推薦(特別推薦)の合格者の中で、総欠席日数10以内の者は全員、「授業料半額免除(1年間)」の奨学生として採用します。
特別奨学制度 ◎指定校推薦(一般推薦)及び自己推薦Ⅰ期のうち、調査書記載の総欠席日数が14日以内の者で希望者を対象に「特別奨学生選考試験」を実施し、その成績上位者若干名を「授業料半額免除(1年間)」の奨学生として採用します。
◎一般入試A日程及び大学入試センター試験A日程において、学力試験の成績上位者若干名を授業料半額免除(1年間)」の奨学生として採用します。

※詳細は、平成30年度学生募集要項を参照してください。

学内奨学金制度(給付)

名 称 備 考
釜瀬冨士雄記念奨学金
〈対象:2年次生〉
本学の創設者「釜瀬冨士雄氏」の遺徳を記念して設けた本学独自の奨学制度です。人物・学業ともに優秀な学生を選考のうえ採用します。
◎採用数:各学科1名とする。 ◎奨学金の額:授業料の半額
開学50周年記念奨学金
〈対象:2年次生〉
本学の開学50周年を記念して設けた奨学制度です。人物・学業ともに優秀な学生を選考のうえ採用します。
◎採用数:原則各学科5名以内とする。 ◎奨学金の額:20万円
資格取得者等奨学金
〈対象:全学年〉
在学中に本学が定める資格を取得した場合に、選考のうえ支給(5千円~3万円)される制度です。
◆語彙・読解力検定 ◆家庭料理技能検定 ◆ヤマハ音楽能力検定…他 など
スポーツ奨学金
〈対象:全学年〉
所属リーグ・大会で優勝等の著しい活躍をした場合に、選考のうえ支給(個人1万円、団体3~5万円)される制度です。
コンテスト奨学金
〈対象:全学年〉
公共自治体等主催のコンテスト等で優勝またはこれに準ずる成績をおさめた場合に、選考のうえ支給(個人1万円、団体3~5万円)される制度です。
アクティビティ奨学金
〈対象:全学年〉
地域行事等へ参加し、年間を通じて大学をPRした功績が認められた場合に、選考のうえ支給(個人1万円、団体3~5万円)される制度です。

※4月に入学者全員に概要をお知らせします。お問い合わせは学生支援課まで。

学外奨学金 日本学生支援機構奨学金制度(貸与)

名 称 備 考
第一種(無利子) 独立行政法人日本学生支援機構が、経済的理由により就学が困難で、優れた学生に対し、学資の貸与(自宅生30,000円もしくは53,000円。自宅外生30,000円もしくは60,000円)等を行う奨学金制度です。
第二種(有利子) 独立行政法人日本学生支援機構が、経済的理由により就学が困難で、優れた学生に対し、学資の貸与(3・5・8・10・12万円から選択)等を行う奨学金制度です。

※日本学生支援機構の奨学金には高校時に申請できる「予約採用制度」と大学入学後に申請できる「定期採用制度」があります。

日本学生支援機構奨学金の流れ

※定期採用希望者を対象に4月中旬に募集説明会を実施します(学内掲示板で告知します)。詳細は学生支援課までお問い合わせください。

※上記は平成28年度の実績です。今後、日本学生支援機構の事務スケジュールにより各日程は変更の可能性があります。

※上記の日本学生支援機構奨学金以外に地方公共団体、奨学金団体の奨学金の貸与を受けることもできます。

その他の奨学制度

地方公共団体や各財団法人、さまざまな育英会が設けている奨学制度があり、依頼や要望に応じます。
また、保育士に関しては各県の社会福祉協議会が、該当県で保育士として就職・従事する意思のある学生を対象に資格取得の為「保育士修学資金貸付制度(2年間総額160万以内等)」の募集をしている県もあります。
建学の精神

01

学長挨拶

02

理事長挨拶

03

沿革

04

学びの特色

05

アドミッションポリシー

06

カリキュラムポリシー

07

ディプロマポリシー

08

奨学制度

09

情報公開

10