福岡女子短期大学

 ≫ 本学について ≫ 奨学制度
本学について

学生サポートシステム

福岡女子短期大学には、学生を経済面や精神面から全面的に支援するシステムが揃っています。それぞれの希望や悩みに特化したきめ細やかな支援制度を展開し、いつでも気軽に相談できる強固なサポート体制で、一人ひとりの成長を支えています。

学費サポート

学内奨学金制度(給付)

釜瀬冨士雄記念奨学金 (対象:2年次生)

本学独自の奨学制度です。
人物・学業ともに優秀な学生を選考のうえ採用します。
・ 採用数:各学科1名
・ 奨学金の額:授業料の半額
(健康・文化・子ども:280,000円、音楽:370,000円)

開学50周年記念奨学金 (対象:2年次生)

本学の開学50周年を記念して設けた奨学制度です。
人物・学業ともに優秀な学生を選考のうえ採用します。
・ 採用数:原則各学科5名以内とする。
・ 奨学金の額:200,000円

学生サポート

クラスアドバイザー制度

学業や生活、どんなことでも相談できるクラスアドバイザー(専任教員)が決められています。もちろん内容によっては、クラスアドバイザーだけでなく、事務局各課とも連携をとりながら、一人ひとりにあわせて大学全体が協力してサポートをしていきます。

学生相談室

「学生相談室」では、有意義な学生生活を過ごせるよう、友達のこと、勉強のこと、進路のこと、学生生活を送るうえで様々な悩みを解決するお手伝いをしています。専門のカウンセラーが相談に応じていますので、お気軽にご利用ください。
【カウンセラー 木村 太一】

学外奨学金 日本学生支援機構奨学金制度(給付)

給付型奨学金(進学前の申込み「予約採用」のみ)

経済的に修学困難な学生の進学を後押しすることを目的として実施する奨学金制度で、高等学校等が給付奨学生の推薦基準に沿って推薦するものです。
【私立大学】自宅生:30,000円  自宅外生:40,000円
※「住民税(所得割)非課税世帯」「生活保護受給世帯」の人、社会的養護を必要とする人が、給付奨学金の募集対象者です。なお、社会的養護を必要とする人は一時金として支給月額とは別に24万円が支給されます。

学外奨学金 日本学生支援機構奨学金制度(貸与)

経済的理由により修学が困難で、優れた学生に対し、学資の貸与等を行なう奨学金制度です。
※奨学金には高校時(進学前)に申し込む「予約採用」と大学入学後に申し込む「在学採用」があります。

第一種(無利子)

自宅生:53,000円または2・3・4万円
自宅外生:60,000円または2・3・4・5万円
から選択

開学50周年記念奨学金 (対象:2年次生)

2万円〜12万円(1万円単位)
から選択

その他の奨学制度

地方公共団体や各財団法人、さまざまな育英会が設けている奨学制度があり、依頼や要望に応じます。
また、保育士に関しては各県の社会福祉協議会が該当県で保育士として就職・従事する意思のある学生を対象に資格取得の為「保育士修学資金貸付制度」(2年間/月額最高5万×24ヵ月。希望による入学準備金20万・就職準備金20万など)の募集をしている県があります。

資格取得者奨学金
(対象:全学年)

在学中に本学が定める資格を取得した場合に、選考のうえ支給します。
日本漢字能力検定
秘書技能検定
ヤマハ音楽能力検定
       ・・・他 など
支給額: 5,000円~30,000円 

スポーツ奨学金
(対象:全学年)

所属リーグ・大会で優勝等の著しい活躍をした場合に、選考のうえ支給します。
個人:10,000円
団体:30,000円~50,000円

コンテスト奨学金
(対象:全学年)

公共自治体等主催のコンテスト等で優勝又はこれに準ずる成績を残した場合に、選考のうえ支給します。
個人:10,000円
団体:30,000円~50,000円

アクティビティ奨学金
(対象:全学年)

地域行事等へ参加し、年間を通じて大学をPRした功績が認められた場合に選考のうえ支給します。
個人:10,000円
団体:30,000円~50,000円

建学の精神

01

学長挨拶

02

理事長挨拶

03

沿革

04

学びの特色

05

アドミッションポリシー

06

カリキュラムポリシー

07

ディプロマポリシー

08

奨学制度

09

情報公開

10

本学の取り組み

11