福岡女子短期大学

福岡女子短期大学

福岡女子短期大学

 ≫ 本学について ≫ 理事長挨拶
本学について

理事長挨拶

写真

学校法人 九州学園 理事長野澤 秀樹

自然・歴史・文化の豊かな太宰府で
大学生活を楽しもう
 自然と歴史は人を育みます。福岡女子短期大学は、福岡平野の南東部太宰府市の風早の丘に立地しています。この丘の上からの眺望は壮観です。北東方向に仰ぎ見る美しい山は、中世以来修験道の霊場として知られた寶満山です。そこから北西に三郡山地が連なりますが、その手前の低い山塊、山全体が古代朝鮮式の山城であった大城山(別名四王寺山)です。丘の南側からは筑紫野の平野が一望されます。これら緑豊かな山野は万葉集にも読まれた風景です。
 大城山の南麓一帯が古代律令体制下大和朝廷を頂点に西国(九州)支配の中心大宰府政庁があったところです。その北西に七世紀の中ごろ大陸朝鮮半島との関係が緊迫し、百済の白村江で日本からの援軍が敗れ、大陸からの侵攻に備えて築かれた土塁=水城があり、そのほか数多く国指定の遺跡となっています。さらに政庁跡の東、本学から歩いても十分から十五分のところに観世音寺や戒壇院などの名刹があり、先の大城山が四王寺山とも呼ばれましたのも山上の盆地状の地に寺院が建立され仏教が栄えた聖地であったからです。すでに多くの皆さんがご存知の太宰府天満宮は、学問の神様菅原道真公を祭神としており、本学はそのお膝元に位置しております。このように本学の周辺には古代・中世の風景を彷彿とさせてくれる遺跡があふれています。また、わが国4番目の国立博物館が太宰府天満宮に隣接しており、身近に世界の歴史文化に接することができます。古代から国際都市であった福岡市に隣接する太宰府はこれからの国際交流を視野に入れた学びをするにふさわしいところです。ここ太宰府で学生生活を楽しみながら、世界を視野に自然・歴史・文化を学んで下さい。
建学の精神

01

学長挨拶

02

理事長挨拶

03

沿革

04

学びの特色

05

アドミッションポリシー

06

カリキュラムポリシー

07

ディプロマポリシー

08

奨学制度

09

情報公開

10