福岡女子短期大学

福岡女子短期大学

福岡女子短期大学

 ≫ 本学について ≫ 学びの特色
本学について

学びの特色

福岡女子短期大学では個性を重視した才能の開発・育成をねらいとし、技能はもちろんのこと、専門教育だけに偏らない“女性の可能性を伸ばす”教育を行い、人間性と専門性を兼ね備えた社会人の育成を目指します。

教養教育の重視

写真
短期大学は、専門学校と大学の両方の特徴を兼ね備えています。
本学は、2年間という短い期間ですが、専門教育(専門学校・大学で行われています)と共に教養教育(大学で重視されています)を重視しています。
そのため、教養教育科目は、1年・2年を通して履修できるように配慮しています。
これは、開学以来の歴史のなかで、大切にしてきた教育理念です。
教養教育科目は、「基礎教養科目」、「外国語科目」、「保健体育科目」、「海外研修」で構成されています。

学びの構造

基礎教養科目、外国語科目、保健体育科目、海外研修をバランスよく配し、高い人間性を持つ、豊かな女性の育成を目指します。

教養教育科目

写真
「基礎教養科目」では、広く、人間と社会を理解する基礎的知識を学びます。自分の成長を見つめ、仕事で関わる相手を理解し、さらに人が生活する社会を理解するための科目構成となっています。
写真
社会人入門 〜そして社会へ〜
全学生が2年間受講する、開学以来実施している総合教養教育プログラムです。これは本学の理念である「全人教育」の教育目標の一つである「卒業後30歳の実りに」を実現させるための中核をなす柱として位置づけています。学生が卒業して社会人・生活者として生活する中で、社会の変化に対応して生き抜くための基礎的能力を身につけ、10年後の成長を期待して実施しています。
社会人入門プログラム 平成28年度講座実績(一部抜粋)

●ネット犯罪、悪質商法から身を守るために

●心と身体の健康を守る

●本学卒業生から皆さんにメッセージ ~本学で学ぶ意味・意義~

●太宰府について(1)・(2)

●音楽科(夏季・秋季・冬季)演奏会

●各学科による特別企画「1、2年生交流会」 など

キャリアプログラム及びキャリア演習

本学では、平成21年度より全学共通の講座である「キャリアプログラム」、「キャリア演習」を開始してキャリア支援を行っています。単に就職を目的とするのではなく、豊かな教養を身につけ、広い視野に立って物事を主体的に判断ができる優れた社会人を養成するために設けています。

キャリアプログラム(必修)

就職活動や進路決定でのツールとなっているナビ登録や自己分析から始まり、キャリアとは何かを学ぶことで、就職に必要とされる基礎知識を学びます。OGや企業の方から直接実際の業界別就職状況や採用試験等に要求されるスキルを学んだり、模擬面接なども体験できます。

キャリア演習(選択)

一般常識テスト対策として時事常識や言語を理解する時間および数学等の細かな解答の指導を行います。また言語能力および非言語能力を高めるために模擬問題を解くなど実践的内容となっています。

太宰府地域学

太宰府の歴史や文化について様々なテーマがあり、自分の興味のある分野を選択して、講義や学外授業を通して学びます。

平成29年度 全12講座

1.磚(タイル)を作る。

2.太宰府を知る・文字を知る・自分を知る

3.太宰府マニア養成講座-九州国立博物館&梅編

4.太宰府近辺の歴史探訪

5.五感を活かして太宰府探求!!

6.御笠川の魚類生息調査

7.太宰府と食環境

8.食文化と健康との関わり

9.万葉集を楽しく知ろう

10.福女短デジタルアーカイブ・プロジェクト

11.プロジェクト学習 -オリジナルミュージックを発信しよう

12.くらしのお裁縫教室

〈その他の基礎教養科目〉

● 日本国憲法

● 生命の誕生と成長

● ニュースを読み解く

● 日本語と文化

● 女性としての生き方

● 音楽に親しむ

● 日本の文学と文化

● 女性と家庭・社会生活

● 色と形で美を探る

● 心の理解と人間関係

● 社会人の常識とマナー

● 科学の歴史 など

写真

外国語科目

グローバル化する社会に適応するために私たちは民族ごとに異なる歴史・文化・宗教を超えて理解しあうことが必要になります。理解を深めるために不可欠なのが言語です。
【以下の言語より選択】
● 英語1・2 ● 中国語1・2 ● 韓国語1・2 ● ドイツ語1・2 ● イタリア語1・2

写真

保健体育科目

将来にわたる健康的な生活習慣を身につけるため、自己の身体を正しく認識し、個人にあった運動を実践していく力を習得します。教員免許取得希望者は必修です。
● 生涯体育理論と 実践1・2

写真

海外研修

「外国語」の科目を学んで、さらに実践の機会を持ちたい場合、海外語学研修制度があります。中国、韓国、オーストラリア、アメリカ等の研修に参加することができます。

建学の精神

01

学長挨拶

02

理事長挨拶

03

沿革

04

学びの特色

05

アドミッションポリシー

06

カリキュラムポリシー

07

ディプロマポリシー

08

奨学制度

09

情報公開

10