福岡女子短期大学

 ≫ 学科紹介 ≫ 健康栄養学科
健康栄養学科
健康の理解を深め、食のスペシャリストを目指します!

食の専門家として仕事に携わる上での基礎(力)が身につくように段階的に知識や調理技術、栄養の指導に関する技術を学びます。本学の学生食堂で提供されているタニタ定食を利用し、体組成計での計測を定期的に行うなどの体験を通して健康と栄養を学ぶ環境が整っています。自身の健康管理のため、栄養・運動・休養にわたる「ヘルスケアマネジメント」を学び、家族や身の周りの人、仕事で接するさまざまなライフステージの人に応じた栄養ケアを提供し、食から健康を支える人材の育成を目指します。
(平成30年4月食物栄養学科より名称変更)

学びの3つのポイント

POINT 1

「健康」に特化した
カリキュラムを編成!

平成30年度から取得できる資格に『健康管理士』が加わり、「ヘルスケアマネジメント」、「心の健康管理」、「健康と環境」といった科目も増設し、より“健康”を意識したカリキュラム編成に。

POINT 2

プロの料理人の指導で
調理の腕を磨く!

現場で活躍する「和・洋・中」のプロの料理人を招いた調理実習を授業に取り入れます。プロの熱心な指導で、ワンランク上の調理技術に!

POINT 3

学生食堂と連携した
実践的な実習

学生食堂メニューの考案や、実際に提供する機会があります。一般の方にも開放されている学生食堂での実習経験で、より高度な実践力が培われます。

アドミッションポリシー

基本的な生活習慣が身についており、食を通じて社会に貢献したいという強い意思と情熱を持った人を求めています。

ディプロマポリシー

全学評価領域

社会人としての常識・教養と食の専門家としての知識・技能・態度を身につけ、食と健康の分野で幅広く活躍できる人材の育成を目指します。

知識・理解
  • 社会生活を営むために必要な教養と食の専門家として活躍するための豊かな知識を身につけている。
  • 思考・判断
  • 習得した知識を踏まえて、物事を論理的に考え、適切な判断ができる。
  • 興味・意欲・態度
  • 社会の一員としての倫理観と責任感、報恩感謝の気持ちを持った行動ができる。
  • 食や健康に関して興味を示し、社会に積極的に関わろうとする意欲を有する。
  • 技能・表現
  • 人々との良好な人間関係を築くことができる。
  • 食と健康に関する専門技術と表現力を身につけている。
  • 健康栄養学科で取得できる免許・資格

    栄養士免許

    栄養学を学び、献立作成や調理方法の改善で栄養面から食生活を支えます。事業所、学校、病院、福祉施設などの給食施設で活躍します。近年の高齢化や生活習慣病増加に伴い、栄養士のニーズはますます高まるばかりです。

    栄養教諭二種免許

    栄養士の資格修得の学びと共に、教育に関する科目を履修することで得られます。小学校・中学校において、児童・生徒たちの望ましい食習慣形成のため、食に関する指導や給食の管理を行う教諭として活躍します。

    フードスペシャリスト

    食の本質が「おいしさ」、「楽しさ」、「おもてなし」にあることをしっかり学び、食に関する幅広い知識と技術を身につけた食の専門家です。さらに、専門フードスペシャリスト資格(食品開発、食品流通・サービス)を目指すこともできます。

    家庭料理技能検定

    家庭料理(日常的に食する料理一般)の調整に必要な知識・技術を身につけることを目的に3級合格を目指します。

    健康管理士

    疾病・栄養・こころ・運動・環境等健康管理の知識を体系的に学習することで、心と体の両面から総合的な健康管理の指導やアドバイスができます。

    健康栄養学科TOP

    01

    就職先・進学先

    02

    カリキュラム

    03

    先輩・卒業生の声

    04

    教員一覧

    05