福岡女子短期大学

 ≫ 学科紹介 ≫ 文化教養学科 ≫ 先輩・卒業生の声
文化教養学科
日本文化や基礎的教養を学び多様な進路選択を目指します!

在学生の声

楠 夏希さん【2年】福岡県 福島高校 出身

写真

「女性ならでは」「太宰府ならでは」の
学びも充実しています。

メッセージ

福女短への入学の決め手は?

将来の夢は図書館司書なので、司書資格を取得できる自宅近くの短大を考えていました。福女短のオープンキャンパスに参加して、優しく接してくださる先輩や先生方、充実した施設を見て、私もここで学びたいと考えました。

どんなキャンパスライフを送っていますか?

短大で出来た新しい友人たちといる時が楽しいです。入学当初は、全く知り合いがいなくて正直不安でしたが、入学翌日にはたくさんの人と話して打ち解けることができました。今は素敵な友人と一緒に過ごせてとても充実しています。

将来の夢と努力している点は?

将来の夢は図書館司書です。司書資格を取得するために必要な専門科目を学んでいます。特に図書館サービスに関する講義は、これまではあまり深く考えたことはなかったのですが、学ぶにつれて改めて納得できることが多いと感じています。


大田 菜月さん【2019年3月卒業】福岡県 小郡高校出身
就職先:三菱食品株式会社 九州支社

写真

好きなものや趣味が合う友人たちと、
楽しく講義を受けています!

メッセージ

福女短への入学の決め手は?

太宰府という自然にあふれ、歴史のある大学で、大好きな本のことを専門的に学ぶことができるという点に魅力を感じたからです。

実際に入学して、福女短の魅力は?

学生と先生の距離が近いところです。親身になって聴いてくださるので、いろいろなことを相談しやすい雰囲気があります。それに、食堂の料理も美味しくタニタのメニューもあり、健康的な食事をとることができるのも大きな魅力ですね。

入学を目指す受験生へ伝えたいことは?

福女短だったら社会に出て行く上で必要となる知識や教養、生活技能などを身につけることができます。困ったら先生に相談!きっと、ためになるアドバイスをいただけますよ。

先輩のメッセージ

夢をつかんだ先輩が、目標を持って学び続けるあなたを応援します。

アイコン
写真

竹﨑 江莉さん文化教養学科(旧:文化コミュニケーション学科)
2014年3月卒業
熊本県 人吉高校 出身

現在、どのような仕事をされていますか?
現在は、八代市役所の秘書広報課の秘書係で働いています。副市長の秘書として、庁内の会議・協議の調整からお客様との日程調整などのスケジュールの管理、また、イベントや会議などへの公務随行を主に行っております。
仕事をする上でのやりがいや大切にしている事を教えてください。
副市長が気持ち良く仕事をされている時とスケジュール通りに進行できた時、秘書としてのやりがいを感じます。また、大切にしているのは“しっかり考えること”です。「相手の立場にたって考える」や「もっと良い方法はないか考える」・・など。ただ、私もまだ出来ていないので毎日しっかり考えるようにしています。
福女短で学んだ事が、仕事やプライベートで活きていると感じるのはどんな時ですか?
サークル活動でイベントに携わる他の団体の方やお客様と話をする機会が多く、様々な年代の方との接し方等を学ぶことができました。今では仕事は勿論、プライベートでも役に立っており様々な年代の方と知り合うことができました!
メッセージ

アイコン
写真

中川 比奈子さん文化教養学科(旧:文化コミュニケーション学科)
2016年3月卒業
福岡県 精華女子高校 出身

現在、どのような仕事をされていますか?
中学校で昼休みと放課後に図書室を開館し、本の貸出や返却、生徒にレファレンスをしています。それ以外の時間は、事務室で事務の仕事をしながら、本の注文や登録、図書だよりの作成などを行っています。
仕事をする上でのやりがいや大切にしている事を教えてください。
生徒や先生とのコミュニケーションを大切にし、図書室を多く利用してもらうために、様々な情報を取り入れ、本を揃えるようにしています。新着コーナーに置いたばかりの本を生徒が手に取り借りてくれた時にやりがいを感じます!
福女短で学んだ事が、仕事やプライベートで活きていると感じるのはどんな時ですか?
生徒が本を探すのを手伝う際に、福女短で学んだレファレンスの授業が役に立っていると思います。短大でのどの授業も現在の仕事に必要だと思っていますので、今でも時々教科書を見返したりします!
メッセージ
文化教養学科TOP

01

就職先・進学先

02

カリキュラム

03

先輩・卒業生の声

04

教員一覧

05