福岡女子短期大学

 ≫ 学科紹介 ≫ 文化教養学科 ≫ カリキュラム
文化教養学科
日本文化や基礎的教養を学び多様な進路選択を目指します!

カリキュラム1年次

基礎的教養やコミュニケーション能力を身につけます。

実用英語の修得と国際的な視野を養うと共に、日本の文化や文学の理解を深め、コミュニケーション能力を培い、広く社会に貢献できる人物を育成するカリキュラムを編成しています。

カリキュラム 前期 後期





共通 日本の伝統文化
プレゼミナール1
教養基礎1
上代中古文学※
中国文学※
書道1※
文章表現※
日本文化論
実用英語入門1
実践英語力養成演習1
日本の伝統生活
プレゼミナール2
教養基礎2
中世近世文学※
文学演習※
書道2※
アカデミックスキル1
情報処理技能演習
実用英語入門2
実践英語力養成演習2
司書 生涯学習概論
図書館概論
図書館情報資源概論
情報資源組織論
児童サービス論
図書館情報技術論
情報資源組織演習1
図書館サービス概論
教職 教育原論
教育内容論
教育心理
道徳教育
国語科教育法
生徒・進路指導論
司書教諭 図書館情報資源概論
情報資源組織論
学校司書 (カリキュラムの一部は、司書又は司書教諭の科目と同じものを履修します)

※の科目は、教職・司書教諭の必修科目です。司書教諭は、教職科目も必修。カリキュラムは、若干変更する場合があります。

Pickup

実用英語入門

写真

英語によるコミュニケーション力の実践能力を身につけます。英語を聞くことに慣れ親しみながら、話す機会を多く設定することで、実用的な英語表現方法を習得します。

書道

写真

書道を通して、日本語・日本文学・日本文化について強い関心を持ち、理解を深めます。書道の技法を用いて、自分を表現する作品や伝える思いを大切にした丁寧な文字を書きます。

情報処理技能演習

写真

パソコンとインターネットの利用を通して、適切な情報収集と発信方法を習得します。情報処理をビジネスに応用するための技術と知識を身につけます。

中世近世文学

写真

『百人一首』(順徳院まで)と江戸期に作成された歌留多や読本などの作品を読み、内容・作者・時代背景等について理解します。併せて歌留多の崩し字を学修し歌留多の練習を行います。

カリキュラム2年次

資格取得への集中的な学びで将来への道筋を描きます。

図書館で活躍する現職の方々にいろいろなことを教えていただきます。また中学校での教育実習において教育現場体験をすることができます。司書や教員の現場の仕事を自分の目で確かめることは、自分自身を大きく成長させます。

カリキュラム 前期 後期





共通 卒業研究1
教養基礎演習3・4
近代文学※
アカデミックスキル2
情報管理演習2
ビジネス技能演習
英文読解演習
実践英語力養成演習3
日本女性論
卒業研究2
現代文学※
書道3
英文読解2
日本語学※
司書 情報サービス論
情報サービス演習1
情報資源組織演習2
図書館制度・経営論
図書・図書館史
情報サービス演習2
図書館情報資源特論
図書館サービス特論
図書館実習
教職 教育行政
教職概論
特別活動
教育相談
教職実践演習
教育方法論
教育実習(事前・事後指導1単位を含む)
司書教諭 学習指導と学校図書館 学校経営と学校図書館
読書と豊かな人間性
情報メディアの活用
学校司書   学校図書館サービス論

※の科目は、教職・司書教諭の必修科目です。司書教諭は、教職科目も必修。カリキュラムは、若干変更する場合があります。

Pickup

読書と豊かな人間性

写真

子どもの読書の必要性と発達段階に応じた読書について理解し、子どもと本とをつなぐさまざまな方法について学びを深めます。読み聞かせの演習も行います。

日本語学

写真

日本語の発音の歴史について、その構造や変化の要因を説くことを目的とします。ある事柄を「証明する」とはどういうことか、「筋道立てて説明する」とはどういうことかを理解することができます。

図書館実習

写真

実習前には、実習図書館の条例・規則、サービスの年間利用統計などの調査、実習後には、その調査結果と実際との比較をし、各自プレゼンテーションを行います。

教育実習

写真

中学校で3週間勤務します。実習生といえども教師です。国語の授業ほか、学校行事や生徒指導について実習先で学びます。

文化教養学科TOP

01

就職先・進学先

02

カリキュラム

03

先輩・卒業生の声

04

教員一覧

05