福岡女子短期大学

 ≫ 30歳の実り〜卒業後10年のわたし〜
30歳の実り〜卒業後10年のわたし〜

 

本学には卒業後10年の成長に期待をかける「30歳の実り」ということばがあります。
短大2年間と卒業後の成長をも加えた福岡女子短期大学の教育プログラムで、資格を取得し、実力を養い、豊かな教養を得て、社会に出る卒業生。
30歳になる今だからこそわかる本学での学びについて、卒業生にお聞きしました。

子ども達の成長がやりがいです!

写真メイン
写真サブ

蒔田 文子さん 子ども学科(旧:保育学科)
平成21年3月卒業 熊本県 牛深高校 出身
幼稚園教諭 学校法人九州学園 福岡女子短期大学附属 野方幼稚園 勤務

現在のお仕事の内容を教えて下さい。
幼稚園の最年少2歳児クラスの担任として働いています。
子ども達が毎日楽しく園生活が送れるように環境を整え、子ども達の日々の成長を見守り、援助しています。
福女短の学びはどのように活きていますか?
授業の中で、手作りの絵本やペープサート、エプロンシアターなど、様々なものを作りました。今でもこれらの制作に励んでおり、保育の現場で活用しています。子ども達もとても喜んでくれています。
卒業して約10年経った今、学生時代に学んでよかったと思えることはなんですか?
専門の授業で音楽に触れる時間が多く、その中で音楽の楽しさや面白さなど “音楽の持つ力”を知りました。また、寮生活や活動などを通して、感謝の心や仕事への責任感を学んだことです。

子ども達のために安全な給食作りを!

写真メイン
写真サブ

大石 志季保さん 健康栄養学科(旧:食物栄養科)
平成19年3月卒業 宮崎県 小林高校 出身
管理栄養士 社会福祉法人 めぐみ会 あいあい保育園 勤務

現在のお仕事の内容を教えて下さい。
保育園で給食やおやつの調理、それに伴う献立の作成や発注などを主に行っています。また、離乳食やアレルギー対応など、安全な給食が提供できるよう調理をしています。
福女短の学びはどのように活きていますか?
調理の技術や栄養に関する知識はもちろんですが、社会人として必要な礼儀や人への思いやりなどの基本的なことも、様々な仕事に活きていると思います。
卒業して約10年経った今、学生時代に学んでよかったと思えることはなんですか?
調理の技術や様々な方たちとの関わりを学べたことです。特に調理は基礎をきちんと丁寧に教えていただいたことが、今の給食作りや丁寧な調理へとつながっていると感じています。

市民の皆さまに素敵な演奏を届けます!

写真メイン
写真サブ

松尾 桃花さん 音楽科
平成22年3月 専攻科 管弦打楽器専修 修了
福岡県 西南学院高校 出身
消防音楽隊 北九州市消防音楽隊 勤務

現在のお仕事の内容を教えて下さい。
北九州市消防音楽隊に在籍し、打楽器を担当しています。消防の広報を目的として、年間約150回の文化行事やスポーツ大会、小学校への訪問演奏などに出演しています。
福女短の学びはどのように活きていますか?
演奏の技術だけでなく、譜面においての自分の役割、音程…等、演奏に必要な多くことを授業で学ぶことができ、それらが今の私の演奏に対するアプローチに活かされています。
卒業して約10年経った今、学生時代に学んでよかったと思えることはなんですか?
打楽器を共に学んだ友人、そして師である岩﨑雅子先生と出逢えた事にとても感謝しています。卒業して10年が経ちますが、これからもこのご縁が続くことを願っています。

笑顔での応対を心がけています。

写真メイン
写真サブ

馬場 有紀乃さん 文化教養学科(旧:文化コミュニケーション学科)
平成20年3月卒業 福岡県 古賀高校(現:古賀竟成館高校)出身
銀行員 遠賀信用金庫 空港東支店 勤務

現在のお仕事の内容を教えて下さい。
信用金庫の窓口に来店いただいたお客様への応対業務を行っています。また、お客様へのサービス向上のための取組みやSmile運動のリーダーとしても活動しています。
福女短の学びはどのように活きていますか?
福女短での図書館実習や博物館実習は、現在の仕事に近いことが多いと感じています。特に目上の方への応対やおもてなしなど、実習を通して現在の仕事に活かされていると思います。
卒業して約10年経った今、学生時代に学んでよかったと思えることはなんですか?
年齢が違うクラスメイトとの関わり方や社会人を目前とした人間関係の築き方を学び、学生生活やアルバイトを通して自主性や積極性を身につけることができました。