福岡女子短期大学

 ≫ 学科紹介 ≫ 音楽科 ≫ 先輩・卒業生の声
音楽科
音楽への理解と確かな基礎を身につけ、優れた音楽人を目指します!

在学生の声

山本 佳奈さん【2年】演奏コース(管弦打楽器専修)
熊本県 八代白百合学園高校 出身

写真

音楽の楽しさを
たくさんの人に伝えたい!

将来は音楽関係の仕事に就いて、音楽の楽しさをたくさんの人に伝えたい!と思い、音楽科のある福女短を選びました。
今は、週一回の専攻楽器のレッスンに力を入れています!様々な曲を通して、奏法や技術・表現などを先生から学び、レッスンで出た課題をクリアできるようにがんばっています。
その中で、様々な目標を持って励む仲間と先生方が支えてくれるので、とても心強いです。 メッセージ

福女短を選んだ理由は?

学校見学で学校の雰囲気やレッスンを受けて、「2年間福女短で音楽を学びたい!」と思ったからです。中学校音楽の教員免許が取得できるのも魅力で

好きな授業を教えてください!

合奏が好きです!普段はソロで演奏することが多いので、様々な楽器が一緒になっていろんなジャンルの曲を演奏できることが楽しいです。

1年生のときに心がけるべきことは?

どの教科も1年生から内容が濃く深くなっています。しっかりと、その時に出来ることはやっておくといいと思います。


山下 春花さん【平成30年3月 卒業】演奏コース(管弦打楽器専修)
福岡県 福岡中央高校 出身
就職先:福岡県立古賀特別支援学校

写真

メッセージ

自分の努力次第で道が決まる場所だと思います。音楽が好き!という気持ちを常に持ち続け勉強や練習に励めば、きっと成長できます。がんばってください!

福女短では、できるだけ多くの演奏会に参加することを目標に、実技レッスンでは、ただ単に課題をこなすだけでなく、その曲の時代背景なども考えた音楽を作ることに取り組み、学生時代にしかできない貴重な演奏経験を積むことを目指しました。

先輩の声

夢をつかんだ先輩が、目標を持って学び続けるあなたを応援します。

写真

一丸 亜衣さん平成30年3月
専攻科 ピアノ専修 修了
大分県 大分高校 出身

専攻科へ進んだ理由は?
もっとピアノを勉強したいと思ったことが1つと、今までほとんど一人で演奏することが多かったので、「室内楽」の授業でアンサンブルをたくさん経験したいと思ったからです。
入学して良かった事、魅力は?
熱心に指導して下さる先生方に出会えたことや、音楽が大好きな友人たちと切磋琢磨しながら自身の専修実技に向き合えることです。
就職先を目指すため 努力してきた事は?
グレードを1つでも多く取るために短大1年生の頃から積極的に受けるようにしました。また、就職試験で弾き歌いがあったので、課題曲の練習を頑張りました。

写真

川辺 由実さん平成23年3月
専攻科 電子オルガン専修 修了
福岡県 門司大翔館高校 出身

現在、どのような仕事をされていますか?
ヤマハ音楽教室で、システム講師として3歳から高校生までを教えています。グループレッスンでは、レパートリー演奏、歌唱・アンサンブルを中心に指導しています。
福女短での学びは仕事やプライベートで活きていますか?
短大で管楽器など自分の専攻楽器以外の方とアンサンブルを経験したお陰で、いろいろな楽器の特長を生徒さんに教えることができ、幅広い指導に繋がっています。
入学を目指す方へメッセージをお願いします。
福女短では自分と同じ志を持った友人と切磋琢磨しながら学ぶことができ、一生の友人になります。皆さんも自分の夢に向かって、がんばってください。

写真

中村 美季さん平成28年3月
専攻科 ピアノ専修 修了
福岡県 福岡講倫館高校 出身

現在、どのような仕事をされていますか?
中学2年生の副担任をし、吹奏楽部の副顧問もしています。全学年の授業を担当し、毎日の授業や部活動の指導以外にも、地域のボランティアの引率なども行います。
福女短での学びは仕事やプライベートで活きていますか?
カフェコンサートや学内演奏会など、人前で演奏する機会が多く “人前に立って何かをする”ことに慣れました。それらの経験が今の自分の支えになっています。
入学を目指す方へメッセージをお願いします。
福女短は、専門的な知識を学ぶだけでなく、社会人になるためのマナーや知識も学べます。優しい先生や同じ志を持つ友達もでき、有意義な時間を送ることができますよ。
音楽科TOP

01

就職先・進学先

02

カリキュラム

03

先輩・卒業生の声

04

教員一覧

05

演奏コース

06

ベーシック音楽コース

07

音楽療法コース

08

専攻科(音楽専攻)

09

音楽講習会

10

音楽科コンサート情報

11