Student’s Voice在学生の声

自分らしく学べる環境で教員採用試験合格を目指します

木村 恭子 さん(大分県 臼杵高校 出身)

私は文化教養学科で日本文学の奥深さを知り、国語科の教諭になることを決めました。教員採用試験合格を目標に教職課程を受講し、空き時間には参考書を活用しながら毎日資格取得に力を入れています。本学は教員採用試験の現役合格の実績が高いのも励みになります。2年という短い時間ですが、進路達成に向けての勉強はもちろん、些細な相談にも親身に答えてくださるキャリア支援課も心強い存在です。社会に出るまでに様々な経験と知識を得ることができ、自分らしく大切に過ごせる場所だと思います。

自分の“好き”を伸ばし進路につなげることができます

下屋 和沙 さん(福岡県 筑紫丘高校 出身)

私の夢は司書になることです。図書館に訪れる全ての人、特に児童や親子連れに本の魅力を伝えていきたいです。そのために、図書館の在り方や魅力発信の方法について日々学んでいます。活字離れが著しいと言われる若い世代が図書館に来るきっかけをつくり、図書館を後世へと守り続ける支援ができる司書を目指します。

人との出会いやつながりで社会性と人間力を磨けます

足立 光咲季さん さん(福岡県 武蔵台高校 出身)

文化教養学科の特徴は、学生一人ひとりが様々な夢に向かって努力していることです。図書館関係から一般企業まで進路は多岐に渡りますが、自分にはない個性に出会うことができ、刺激しあえるいい関係が築けています。卒業後はここでの学びを活かし、お客様に必要とされ、地域に貢献できる販売員になります。

Message先輩からのメッセージ

筑前町立夜須中学校 勤務(国語教諭)

内田 みゆ さん
2018年卒業(福岡県 伝習館高校 出身)

夢だった中学校の国語教諭として働いています。教職課程で学んだ「学び合うことの大切さ」は、独りよがりにならず様々な視点から“教育”について考えることができ、今の授業づくりにも役立っています。楽しく学びながら生徒とともに成長し、生徒や保護者、先生からも頼られる教師を目指します。

太宰府市民図書館 勤務(図書館司書)

福原 桃子 さん
2020年卒業(山口県 岩国高校広瀬分校 出身)

図書館司書として窓口業務から移動図書館の乗務まで任されています。文化教養学科の図書館情報学を軸とした多岐にわたるカリキュラムの中でも、太宰府の歴史や「古典文学を読む1・2」の講義で得た学びはこの職場で特に活かされています。本と人を結ぶ理想とする司書像を追いかけ、日々学んでいきたいです。