Child Care And Education

子ども学科

実践力を身に付け、子どもと共に成長する保育者に

太宰府という豊かな自然環境、附属幼稚園や校内に整備された保育現場に近い教育環境を活用し、保育者として求められる感性・知識・実践的技術を育てます。校外実習や学科行事等で子どもとふれあい、子どもの心情や行動の意味を考えながら接することで、保育者としての資質の向上を支えます。また、音楽科教員と連携した指導では、ピアノの初心者には手厚くかつ上級者はステップアップできるように配慮します。少人数指導により、一人一人の学生の個性を重視し、きめ細かな指導・アドバイスを行い、将来にわたって学び続ける実践力のある保育者の育成を目指します。

子ども学科 紹介動画

少しでも子ども学科をイメージしていただくための動画です。ぜひご覧ください。

Points学びの3つのポイント

  • 子どもとの交流で身に付ける実践力

    「保育基礎」「ゼミナール」などの授業により保育者としての基礎力を身に付け、地域や附属幼稚園・近隣のこども園などとの交流により、実践力を育てます。

  • 保育者への道を確実にサポート

    豊かな環境に恵まれたキャンパスのもと、少人数クラスで丁寧に対応する体制を整えています。卒業生はほぼ全員が保育士資格・幼稚園教諭免許を取得し、保育者として活躍しています。

  • 音楽科との連携で音楽教育を充実

    音楽科との連携により、ピアノは習熟度に応じた指導を行います。また、こども音楽療育士の資格取得も目指せます。他学科との連携で、より深い学びができます。

Departmental Features学科の特色

充実した学生サポート体制

子ども学科では、1学年を2クラスに分け、少人数クラスのそれぞれを専任教員が担当し、学生の2年間を支えています。履修のこと、実習のこと、就職のこと、生活のことなど、あらゆる面で丁寧な対応ができる体制になっています。
また、学生サポートを目的とした学科内イベントもあります。「わくわくハイキング」では新入生が学校生活に早く慣れることができるように、「一人暮らしの会」では暮らしの情報交換を通して楽しい大学生活を送れるように、企画しています。

卒業後のフォロー

子ども学科では毎年、卒業後1年目の研修会と、全ての卒業生を対象とした研修会の2つの「卒業後研修会」を行なっています。保育・幼児教育に関する最新情報の提供はもちろん、卒業生同士の情報交換の場としても好評です。
研修会以外の時期でも、卒業生が気軽に子ども学科研究室の教員を訪ねてきます。悩み相談や嬉しい報告など内容は様々ですが、卒業生が実家のように立ち寄れるよう、卒業生へのフォローも大切にしています。

◇アドミッションポリシー(入学者の受入れ方針)は、こちらから

◇カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)は、こちらから

◇ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)は、こちらから

Licence / Qualification子ども学科で取得できる免許・資格

  • 保育士資格

    保育所では、0歳から就学前の子どもに支援や教育を行います。めまぐるしく変わる時代の流れの中で求められる保育のあり方も変化してきています。保育士は社会的ニーズの高い職種です。

  • 幼稚園教諭二種免許

    満3歳から就学前の子どもが対象となり、教育性が求められます。幼稚園教諭になるために必要な免許で、幼児教育や指導法、児童心理などの知識を身に付けます。やはり社会的ニーズの高い職種です。

  • こども音楽療育士

    心身に障害のある子どもたちの発達にあわせた音楽遊びを考え、提供します。音楽を通してコミュニケーション能力を高めたり、信頼関係を深めたりする支援を行います。

  • 幼児体育指導者2級資格

    安全でわかりやすい指導スキルを身に付け、子どもたちに体育や運動の楽しさを教えます。資格取得後は、実践的に子どもたちとふれあいながら、さらに指導技術を向上させていきます。

Future Path学科の学びを通じて目指せる進路

保育士資格・幼稚園教諭の免許を活かし、例年高い就職率を維持しています。また、保育士・幼稚園教諭などの専門職として就職していく学生は9割を超えており、中でも正規職員として就職している卒業生が多く、ここ数年、公立保育園への合格者の実績が出ているのも本学の特長です。

  • 保育所(園)の保育士
  • 幼稚園の教諭
  • 認定こども園の保育教諭
  • 福祉施設の職員
  • 大学編入学
  • 一般企業
  • 公務員