福岡女子短期大学

 ≫ お知らせ ≫ 出前授業のスケジュール
お知らせ

高校への出張講義のご案内

出張講義について

福岡女子短期大学では、高大連携の一環として、高校への出前授業を実施致します。
高校生へ本学の教員による授業を行い、専門分野への理解を深めることで、その分野への学びの更なる意欲向上へ繋げることを目的としております。
高校生の皆さまには幅広い分野を知るきっかけとなること、またそれが上級学校への進路選択の一助となれば幸いだと考えております。
ご希望がございましたら、是非ご活用いただければと思います。

確認事項

  1. 講義の内容や時間については、ご要望に合わせての実施も可能ですので、ご相談ください。
  2. ご希望の日程は、可能な限り調整をさせていただきますが、ご希望に添えない場合もありますので、予めご了承ください。
  3. 場合によっては、本学へお越しいただき、学内施設を利用した講義を実施することも可能です。

お問い合せ・お申し込み

ご希望の講義がございましたら、希望される講義名や日程などを申込用紙にご記入の上、大変お手数ですがFAXにて本学入試広報課へご連絡ください。
申込用紙はこちら 
福岡女子短期大学 入試広報課
TEL:092-922-1491
FAX:092-922-6453

子ども学科

氏名 講義テーマ 内容
宮嶋 郁恵 教授 『子どもが育つスキンシップ』 幼児期は脳や心・身体の発達が最も著しい時期です。この時期にスキンシップが十分行われている子どもは、安定した成長に繫がると言われています。肌に触れることで、脳がやる気を起こしたり情緒が安定し健康的な身体の発育に繫がります。幼児期のふれあい遊びから青年期までのスキンシップ遊びも含めて紹介します。
福嶋 真郷 教授 小・中・高校の教員を目指す人のために
〜求められる資質と準備〜
小・中・高校の教員として、どのような人材が求められ、どのような準備が必要かを解説します。教育のおもしろさと厳しさの両面を、演習を交えて解説します。
尾花 雄路 教授 『公的保育』カリキュラムの解説 公的保育カリキュラムであると考えられる、幼稚園教育要領、保育所保育指針、および幼保連携型認定こども園教育・保育要領の解説をおこないます。また、幼稚園、保育所、および認定こども園の現状についても解説します。
加藤 朋江 准教授 『頭がよくなるマインドマップ®』
~暗記に使ってみよう!〜
マインドマップ®はイギリスで開発されたノートの記述法です。マインドマップ®を使うと、文章を書いたり、暗記をしたり、頭の中を整理したり…といったことが楽しく効率的に行なえます。今回は「暗記」に焦点を当て、マインドマップ®の活用の方法を解説します。
山野 留美子 講師 『ことばとコミュニケーションの発達』 普段私たちが当たり前のように使っている「ことば」はどんな道筋で身についてきたのでしょうか。特に変化の大きな乳幼児期を中心に、ことばとコミュニケーションの発達について解説します。
中元 博明 講師 『保育士・幼稚園教諭になるために短大で何を学ぶのか?』
〜領域「環境」とはどんな科目なのか?〜
保育士や幼稚園教諭になるために、本学保育学科では具体的にどのようなことを学んでいるのかについて説明します。特に、私が担当する領域「環境」という科目に焦点をあて、この科目の意義や学ぶ内容について説明します。
樋口 和美 講師 造形活動における子どもの『言語活動』 子どもたちは面白いものを見たときに体全体で感動を表現します。成長とともに感動の表現が変化していく様子を解説して行きます。
大年 真理子 講師 『子どもの音楽的発達』
〜リズム遊びを体験しよう!〜
子どもはどのように音を感受していくのでしょうか。子どもたちの音楽的発達にふれながら、実際に「声」や「手づくり楽器」を使ったリズム遊びを解説します。
壽谷 静香 講師 『保育士・幼稚園教諭に必要な発声法あれこれ』 保育士・幼稚園教諭になる為に必要な発声法とはどんなものか、呼吸法から発声までをワークショップ形式で解説します。身体を動かしながら楽しく声を出してみましょう。

健康栄養学科

氏名 講義テーマ 内容
学科全教員 『めざせ!栄養士・管理栄養士』
~短大での学び~
健康栄養学科での2年間の学びと取得できる免許・資格(栄養士、栄養教諭、フードスペシャリスト、健康管理士、家庭料理技能検定)についてお話します。また栄養士が活躍できる場所や求められていることを紹介します。
福嶋 伸子 教授 『人の健康を考える栄養士・管理栄養士』 「食の専門家」を目指している高校生に、栄養士の仕事について経験談も交え、分かりやすく説明します。
岡本 啓湖 教授 「世界無形遺産に認定された和食」の秘密 日本食の基礎となる調味料は、日本の風土が生み出した醸造食品(発酵食品)です。これら醸造食品の素晴らしさをお話します。
野村 幸子 講師 『食べ物をおいしく見せる調理の工夫』 料理のおいしさは、味覚だけでなく、視覚・嗅覚・触覚・聴覚といった生理的にとらえるおいしさと、経験・環境・情報などの心理的にとらえるおいしさが複合して成り立ちます。おいしさの要因や調理の工夫でおいしく食べるポイントをお話します。
黒川 早苗 講師 『食生活を考えよう』 生活習慣病の増加や、食生活の多様化が進展する現状をふまえ「私たちの身体は食べ物でできている」ということを認識し、食べ物を選択する力とおいしく楽しい食生活を身に着ける大切さをお話します。

音楽科

氏名 講義テーマ 内容
学科全教員 特別個人レッスン ピアノ・声楽・電子オルガン・クラリネットの個人レッスンを行います。
野口 誠司 教授 『音楽科教員によるプレイ&トーク』 音楽科教員による演奏を曲目解説等も交えながらお届けします。 クラシック音楽を是非、身近で感じてください。
木下 圭子 教授
鶴田 智子 教授
桑原 哲章 准教授
井上 幸一 准教授 『音楽と癒し』 ①音のコミュニケーション(空間を活用したゲームなど)
②癒しの音色とは(楽器体験)
③音楽と映像によるリラクゼーション(トーンチャイムなど)
上記の活動とともに、癒しとしての音楽や、人と音楽の関わりについてわかりやすく解説を行います。
安村 真紀 講師 『極める』
~ 名曲を名演奏で聴く ~
どこかで一度は聴いたことのある名曲、伝説の演奏家や現代の名手の演奏をエピソードと共にご紹介します。クラシック音楽食わず嫌い返上?! 目指して。
吉田 あかね 講師 『オーケストラ入門』 敷居が高いと思われがちなクラシックの演奏会。 オーケストラの演奏会もその一つですが、オーケストラについての基礎知識や決まり事などをお伝えすることで、少しでもクラシックに興味を持ってもらえればと思います。

文化教養学科

氏名 講義テーマ 内容
牧 幸浩 教授 身につけよう!ネットリテラシー
~サイバー犯罪に巻き込まれないために
スマートフォンの普及により、ネット犯罪の被害が多発しています。本講義では、ネット被害の事例を挙げ、ネット犯罪の被害者・加害者にならないため守るべき「ネットリテラシー」について理解してもらいます。
永利 和則 教授 図書館の司書・学校司書をめざそう! 公共図書館や学校図書館で働くためには、司書や学校司書の資格があると有利です。司書や学校司書の資格を取るにはどのようなことを学べばよいのか?この講義では、公共図書館や学校図書館の機能や役割を基本にして、司書や学校司書の資格について具体的にお話します。
高橋 敬一 教授 論理的な文章を書こう
~「小論文」対策のために~
文章を書くことが苦手の人も多いと思います。しかしながら、大学に入学するとレポートや卒業論文など何かと文章を書く機会が多くなります。社会人になればさらに増えます。この講義では、論理的な文章を書くためのコツについて、お話します
山下 和弘 准教授 『現代日本語の発音』 私たちは日頃、無意識に日本語を話しています。特に発音を「この発音はこういう具合に舌を使って…」などと意識する事は、普通ありません。そんな、身近なのに知らない「発音」を深く見ていく授業です。
梶原 健二 講師 『校則について考えよう』
~諸外国の学校文化を事例に~
本講義は、教職教養科目で取り扱う事項です。諸外国の校則の一例を紹介しながら、日本の学校文化について考察を深めます。校則の歴史や意義について生徒同士の意見交換を図ることを目的にします。
桐生 直代 講師 直筆原稿で読む日本近代文学 パソコンもスマートフォンもない時代、作家たちは〈手書き〉で原稿用紙に文章を書いていました。メモや草稿・原稿に残された加除訂正には、こだわりや格闘の跡が見られます。作家独特の文字の癖、せめぎ合うことばの数々。活字化された本文からはわからない、作家の息遣いを感じ取ってみませんか。「様々な作家の原稿の紹介」「樋口一葉『たけくらべ』を一葉の直筆版で読む」などを行います。